飛行開発実験室 RC飛行機 忍者ブログ
飛行開発実験室
電動RC飛行機の製作を中心に、 模型・電子工作、その他の趣味について なんとなく書き連ねていきます。
ブログ内検索
リンク
最新記事
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
カテゴリー
アーカイブ
最新CM
[05/16 Backlinks]
最新TB
プロフィール
HN:
Yaaaaaaaaas,oh!!
性別:
男性
RSS
P R
フリーエリア
アクセス解析
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第一回の告知を見たときは、Sukalyn(オバQ)タイプが有利そうだなぁと思いつつ、
それって要はインドアマイクロ3D機にカメラ積んだらいいってことだよなぁ、、と安直に考えていたんですけど、
最近あった第三回大会の結果www.indoorflight.t.u-tokyo.ac.jp/result.htm
の優勝機を見て驚いたのなんの。圧倒的な成績もそうですけど、
奇異でいて、かつ低レイノルズ数下においてとても理にかなった設計と製作技術に敬服しました。
思い切りの良さが、そして実際性能の飛躍的向上につながっているのがほんと素晴らしいです。
動画の低速性能・フォルムは抜群に優雅ですね。

この結果を周りと話題にしてて、次はロ技研で出てみようかという話になりました。
梅ちゃんのマイクロマウスの件が多大に影響しています。
僕も連日の強風で室内機が作りたくなってきたので、、、
とかいって、暴風どんと来いGLICかっ飛び仕様に方針変更してる可能性もありますけど。
とりあえず創造演習に区切りがついたら設計を始めようと思います。
大会レギュ変わりそうですし。

それにしてもバルサリブ組フィルム張機がやったら多いですね。
確かに翼面加重は小さくなって、AG翼形をテキトーに薄くすれば滑空はすごいでしょうけど、
昔遊んでた”壊れない”EPPファンフライ機が全備で85gぐらいだったのを思うと
100g越えのモーターグライダータイプはどうも重い気がします。
飛行速度遅くするだけなら、翼面加重が20g/dm2あたりでもがんばれば
固定フラップでホバリングできますし。

まぁあんまり詳しいスペックや飛行映像が出ていなくて、分析できていないのが
正直なところです。公開情報少ない。。
競技となれば当たり前という気もしますけど、
数多日本・世界中のフライヤーのこれでもかと言うほどの惜しみない技術公開・情報交換の上に
革命的に発展普及した今の電動RC飛行機があり、
僕もネットの向こうから、会ったことのないいろんな方々のご厚意にお世話になって
つたないながら電動プレーンを楽しむことができたことを思うと、
規定の製作ブログが最小限の情報にとどまっているのはちょっと残念だなぁと。
多くの人が情報を共有出来るようにすることが、飛行機を楽しむ一番の方法だと僕は思います。
PR
driving in campus.haha

www.rcgroups.com/forums/member.php

RCGroupsをぶらついてたら偶然にもお見かけしてちょっと感動。
何年か前のラジ技の特集で、この方の超coolなウォータージェット推進水中翼船を読んで以来、
どう真似しようかもんもんと考え続けています。
今回の創造演習、第二希望というか次案はこれだったんです。

にしてもかっこいい、ほんとかっこいい。


さ、英語やんなきゃ。
今日は脚回りを改良。
砂のグランドでも脚が負けないように、後輪のトレッドを40cmに拡げて、前輪を補強した。

日が暮れてから、矢上グランドでお披露目走行&ちょっと飛行。
暗すぎて、飛ばしてるときは心臓がキュンキュン縮んでた。
Yu32d

今日もいい天気。
創造演習の時間に矢上のグランドを使って初飛行した。
テストしてるとはいえ、スロットルスティックを押し倒していくのは緊張する。
というか、チキってなんども引き返した。先生に大見得切った手前、失敗できないし。
まぁ、無事飛んで良かった。
Yu32c
Yu32c夕方に改修ロールアウト。非常に疲れた。

中間発表からの変更点
・ウィングレット撤去
・補助輪撤去
・背面カバー撤去   この辺は発表のためのお飾り。
・エレベータホーンをバルサ製に交換
・垂直尾翼を2→1枚に、形状も変更
・ラダー・首脚のリンケージをサーボ2個に分割
・フラップを2mmバルサ削出に交換


とりあえず現在のスペック
全長1mくらい
主翼面積 13.8dm2
翼幅 60cm
AS比 2.6
水平尾翼面積 9.0dm2
全備重量 430g
主翼面加重 31g/dm2
全翼面加重 19g/dm2

5ch・2アンプ6サーボ、ラダー2・スロットル2・エレボン2・フラップ2
受信機 クラフトるうむ6X
サーボ waypoint60 RCHobby8g
動力 Waypoint E2205-36(kv1770)+プロペラGWS-EP7060 2発
アンプ Waypoint W-EBLESC-10
電池 HP-LVX800-2S
材料費 2000円くらい

>AS比 2.6
>主翼面加重 31g/dm2
このへんつくづく無茶だなぁと思いつつ、ブラシレスモータとリチウムポリマー電池のパワーでなんとかなりそうに思えちゃうのが6年前と違うとこだな。


出来たときにはすでに日が暮れていた。
とりあえず、明かりの点いてる生協前の通りでタキシングテスト。直進・旋回性は文句なし。
パワーにあかせて坂道もガンガン登れる。おもろい。
勢い離陸もできたので、次の授業で飛ばしてみたいと思う。

のだけど、ここ1年まともに操縦してないからなぁ。。
<< 前のページ HOME
忍者ブログ [PR]