飛行開発実験室 ProgressⅢv2経過とv3製作 忍者ブログ
飛行開発実験室
電動RC飛行機の製作を中心に、 模型・電子工作、その他の趣味について なんとなく書き連ねていきます。
ブログ内検索
リンク
最新記事
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
カテゴリー
アーカイブ
最新CM
[05/16 Backlinks]
最新TB
プロフィール
HN:
Yaaaaaaaaas,oh!!
性別:
男性
RSS
P R
フリーエリア
アクセス解析
[36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ひどい雨ですね。飛ばせる日が減ってしまうのは困ります。

というわけで、矢上のロ技研部室にこもって作業しています。


まずはProgressⅢv2の経過について。

デプロンがへたってバンザイ癖がついてきたので、カーボン棒を上下に入れて補強。

送信者 ロ技研

送信者 ロ技研

グラステープぐるぐる、包帯少女。

送信者 ロ技研

胴体ボロボロ。直す気なし。。。


ProgressⅢv3の製作。後輩のために、ちょっと詳しく。

まずは材料と道具から。
送信者 ロ技研

EPP、デプロン、カーボンシート、カーボンロッド、Scotchプラスチック用強力接着剤、グラステープ、PPテープ、はさみ、カッター、ペン、定規、等々。

がんばると、こうなります。
送信者 ロ技研

主翼と尾翼はEPPを増やしました。
送信者 ロ技研

送信者 ロ技研

水平尾翼は、後縁と前の方にカーボンでスパーを入れました。前縁はなし。

エレベータを貼る。ちなみに垂直尾翼はそのまま貼り付けてるだけ
送信者 ロ技研

送信者 ロ技研
デプロンの接着は、糸を引いて感触が重くなるくらいペタペタ付け剥がしを繰り返すと、
硬化後はまず剥がれません。

エレベータホーンを貼ります。黒いのはカーボンシート。
送信者 ロ技研
送信者 ロ技研
1.0mmカーボンロッドと、3mmシュリンクチューブで連結。

サーボマウント。きつめに穴を空けます。
送信者 ロ技研
送信者 ロ技研

送信者 ロ技研
送信者 ロ技研

送信者 ロ技研

胴体は、三角の面をずらして上底面をつくると強度アップ。
送信者 ロ技研
メカハッチ1は、マジックテープ開閉式。
送信者 ロ技研

胴体前部。
送信者 ロ技研

これも三角形を仕込んで、折れる部分と折れない部分をつくるります。
送信者 ロ技研

上部にはマジックテープで主翼を固定。メカハッチも兼ねます。
グラステープで前の方を覆って、主翼を剥がしやすくします。
送信者 ロ技研

もう一度主翼。
送信者 ロ技研

送信者 ロ技研
前縁、半分くらい、モータマウントから中央部へカーボンシートのスパーを入れてあります。
また、上半角保持にカーボンロッドを2本。

SFGは大型化。上部を大きくして上半角効果を稼ぎます。
送信者 ロ技研

裏面。
送信者 ロ技研

フラップは主翼と一枚化しました。リブはモータマウントを兼ねてます。翼面積はちょい増えました。
送信者 ロ技研



とりあえず今日はこのくらいで。



あまり大きな声で言いたくないですが、東大の自動高度制御、なんでエレベータでやってるんでしょう。
高度の自動制御は、推力制御やエアブレーキ、スポイラーでやるのがよくある例です。
普通の人は、高さ上げたくなったらスロットル噴かして、下げたきゃスロットル落とします。エレベータは、そのあとの姿勢制御。
勉強してるはずなのに全くもってへんな勘違いですね。ふん。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 夏休み終了 HOME ProgressⅢv2 >>
忍者ブログ [PR]